大切な犬のために~サプリで考える健康維持~

ペット

供養の仕方を考える

お墓

大切な家族であるペットが亡くなってしまったら、ペット葬儀について考えなければなりません。ペットの遺体は、土葬をしてあげるか火葬してあげるのが一般的です。ご自宅に埋葬してあげることができない場合は、火葬をしてあげましょう。まずはインターネット等を利用して、自宅近くにあるペットの火葬を受け付けてくれる葬儀会社を探します。ペット葬儀を受け付けてくれる葬儀会社がみつかったら、すぐに電話連絡をしましょう。なお、ペットを火葬する際にペットの愛用品や好物を一緒に火葬できることもあります。一緒に火葬することが可能な会社であれば、ペットの思い出の品も準備しておくとよいでしょう。ただし、中には燃やすことができないものもあるので、不安な場合は葬儀会社に確認しておきましょう。ペットの遺骨についても供養の仕方は様々です。自宅で行うか、納骨堂で行うかなどご家庭に合った方法を選択してください。また、ペット葬儀では大きく分けて、合同で行う合同供養と個別に行う個別供養の二通りがあります。これもどちらが好ましいか内容を確認して決める必要があります。なかには僧侶による読経をお願いできたり、メモリアルグッズを取り扱っているところもあります。料金についても、ペットの大きさや、合同と個別どちらで行うかによって細かく異なります。ペット葬儀を取り扱う各会社によっても料金設定は変わってくるので、よく比較検討しましょう。ペット葬儀を検討することは、飼い主にとって辛いものになります。ですが、手厚く供養してあげることでペットに最期の感謝の気持ちを伝えてあげましょう。